栗の木パンの紹介


栗の木健康パンのこだわり

 栗の木健康パンは道産小麦を自家製粉し、添加物をできるだけ使わないようにひとつひとつ丁寧に焼き上げています。多くの人に召しあがっていただき、施設利用者と地域住民をつなぐ「福祉のパン」を目指しています。
 また、パンの製造販売事業を通して、行政から与えられる福祉だけでなく、施設利用者とその家族が地域の人たちと基本理念の具体化、実現化を協働で進めていく実践を心掛けています。
 「収益を上げることは目的に叶うこと」「パンが売れることは福祉の輪を広げていく」というテーマをもとに日々作業を行っています。



小麦粉・小麦ふすま


角食

小麦粉

角食

小麦ふすま

 作業所内で利用者が毎日製粉している全粒粉と小麦の殻であるふすまです。

 栗の木健康パンのパンはすべてこの全粒粉100%で作り、焼き菓子やふすまパンはこのふすまで作っています。


焼き菓子


角食

スティックブラン

角食

ふすまパン

角食

ラスク



食パン系


角食

角食

角食

ふすまパン

角食

レーズン角食

角食

ミックスフルーツ




ハード系


角食

プルーンとクランベリー
の全粒粉パン

角食

レーズンくるみパン

角食

リュスティック



菓子パン系


角食

こしあんパン

角食

クリームパン

角食

メロンパン

角食

枝豆チーズパン

角食

ブルーベリーロール

角食

かぼちゃロール

角食

チーズカレーパン

角食

ちくわパン


開設当初の思い(平成15年7月)


栗の木パン


ワークセンター栗の木動画  ≪坂本理事長インタビュー≫





ワークセンター栗の木動画  ≪作業風景≫





ワークセンター栗の木動画  ≪商品イメージ≫





ワークセンター栗の木動画  ≪愛食フェア≫


↑ このページの先頭へ